緑が少ない冬こそ、室内で楽しむ観葉植物

date. 2021/01/13

みなさんこんにちは。

毎日、寒い日が続いていますね。

世の中も厳しい状況が続いています。

ご自宅で過ごす時間も増える方が多いのでは。。

 

 

今回は

「緑が少ない冬こそ、室内で楽しむ観葉植物」



外の木々は葉を落とし、

季節的にグリーンが恋しくなります。

また、ご自宅で過ごす時間も増えてきました。

室内で楽しむ観葉植物は、常緑のものが多く

寒さ等のメンテナンスに気をつければ寒い時期にも

暮らしに潤いを与えてくれます。

 

今回はリラックス場面が多いリビングのソファ周辺で

植物をコーディネートしています。

 

 

■飾り方のコツ



・スタンドを使って高低差をつける

コウモリランのようにしたに下がって成長していく植物には

木製のスタンドを使って高さを出すと◎

下にはフィロデンドロンのようなボリュームのある植物と

組み合わせて高低差をつけるとバランスを崩さずに

グリーンのボリュームを出すことができます。

 

 

 



・サイドテーブルを使う

サイドテーブルはくつろぐ場所のもっとも近くになるので

自分のお気に入りのものや個性的な小鉢を置くのがオススメ♩

乾燥に強く、耐陰性もあるサンセベリアは個性的なものも

数多くある種類です。またエアプランツは

土を必要としないため、オブジェのように

置くことができるため。自在にインテリアのディスプレイ

として楽しむことができます。

 

・エアプランツの育て方

耐陰性はあるものの、水やりは週に数回

しっかりと霧吹きを行い

乾燥している場合はバケツ等につける

「ソーキング」を行います。水やりのあとは

しっかりと水をきり、風通しの良い場所に置きます。

 

 



・照明と組み合わせる

デスクランプやポータブルライトと組み合わせることでも

観葉植物をたのしむことができます。照明の大きさに対して

1/3程度の大きさのものを選ぶとバランスを崩さず

配置することができます。

こちらもグリーンのボリュームが小さくなるので

個性的ものを選ぶとインテリアのポイントにすることができます。

 

 



・ソファサイドはサイズ感のあるもの

ソファサイドに置く植物は中鉢やある程度高さやボリュームが

あるものがおすすめです。ひとつでボリュームがでない場合は

スツール等でこちらも高低差をつけてひとつにまとめると

バランスがとれ、メンテナンスも行いやすくなります。

フィカスナナやシェフレラといった葉が小さくボリュームが

あるものは圧迫感が少ないので軽やかな印象になります。

 

 

グリーンが恋しくなるなるこの季節

おうちの中でたのしめる観葉植物。

おうち時間を少し心地よいものにしてくれます。