shop blog

アクタス・名古屋店 アクタス・名古屋店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-27-2 日本生命笹島ビル 1F
TEL
052-533-6616
OPEN
11:00~19:00 / 不定休

Posts Tagged ‘睡眠’

こどもの眠り。

date. 2018/04/26

みなさまこんにちは。

先週末、4月22日は「清掃デー」でした。

※掃除にまつわる規則が制定されたとか…

というわけで今年も

アクタス名古屋店 お掃除大会!!

開催しました!

名称未設定-2
お店が始まる前の1時間。

街をきれいにしましょう!

 

今年のルートは、

お店から指定避難所(笹島小・中学校)まで。

みんなでごみ拾いをしながら避難経路確認。

もしものとき、

ご来店中の皆さまを避難場所へ誘導する

ということも、私たちにとって大切な仕事。

きちんと確認しておかなければなりません!

 

去年は、自転車のかごを拾いましたが、

今年はサドルが。笑

何年かしたら、自転車が出来上がりそうです。。。

IMG_6576
こんなにたくさん。

個人的に一番気になったのはビニール傘。

気軽に買えるものだけど

気軽に捨てるものではない

と思う人が多くなったらいいなと。

そして一番多かったのはやっぱりタバコの吸い殻。

路上喫煙禁止区域のはずなんですが。。。

マナーを守れる大人でいたいな、

と思いました。

 

調べてみたら、9月24日にも「清掃の日」が!

とっても気持ちがよかったので

またやりたいです!

 

 

 

 

さて

今日の話題は・・・

キャプチャ
こどもの眠りについて。

→【復習】以前に眠りについてお話しした回←

※最初にお伝えしておきますが…

今日は文字が多めです><。

 

 

 

「眠る」ということ。

これはとってもたいせつな人間の行動です。

眠ることで脳や体を休めることはもちろんのこと、

体にたまった老廃物を排出したり、

免疫機能を高めたりするのもこの時間。

そして、子どもにとっては

「成長ホルモンの分泌」

が一番たいせつな機能なんじゃないでしょうか。

 

成長ホルモンの主な働きはふたつ。

★細胞の成長促進(寝る子は育つ)

★細胞の修復(美人は夜に作られる)

うんうん。

なるほど。

 

そして「代謝を促す」という役割もあります。

寝不足になると

成長ホルモンが少なくなる

ので

代謝が鈍る

そして

食欲を増進するホルモンの分泌も活発に

すると。。。

太りやすくなる!

んだそうです!!

(あれ?私よく寝てるんですが・・・笑)

 

 

ちなみに大人も子供も

寝入りばなの2~3時間にくるノンレム睡眠が

もっとも深い眠り。

そのもっとも深い眠りの間が

成長ホルモンもたくさん出る時間なんだそうですよ。

この時間の睡眠の質、大切そうですね。

 

 

では、

子どもにとってどれくらいの睡眠時間が理想なのか。

 

小学校入学前の3~5歳くらいでは10~13時間

小学生のうち、6~13歳くらいまでは9~11時間

中学生から高校生くらいでは8~10時間

なんだそうですよ。

 

これを計算して、お布団に入る時間を設定・・・

でも、

でも、

なかなか寝付けないこと、ありませんか?

 

すぅ~っと眠りにつくためのコツ

をひとつお教えしましょう。

それは、入浴!

 

赤ちゃんの頭って眠くなると熱くなりますよね。

そしてその熱くなった体を発汗で冷ましながら

眠りに入っていきます。

 

交感神経とか

副交感神経とか

の働きに関係するんですが、

お話が長くなるのでそれについてはまたいつか。

 

とにかく、

眠たくなると体温が上がり、

それを冷ましながら入眠していく…

というのは、大人になっても同じ。

 

なので

お風呂に使って体温を強制的に上げて

冷めてきたころにお布団に入る

ようにすると、寝つきがよくなりますよ。

 

そのためには、

眠る30分~1時間前までに入浴を済ませる

のがオススメです。

 

お子さまの起きる時間から逆算して

「適正睡眠時間+1時間」前くらいまでに

入浴するように促してあげるとよさそうですね。

 

 

そうそう

睡眠サイクルは「90分」と言われますが

このサイクルになるのは、

だいたい5~10歳の頃なんですって。

 

■それまで(5歳以前)は

レム睡眠(浅い眠り)



ノンレム睡眠(深い眠り)

を短いサイクルで繰り返すので

寝返りが多い→ベッドの上であちこち動く

(レムとノンレムの切り替えのタイミングで寝返りをするといわれています)

 

そして

■割合としてはレム睡眠のほうが多いので

眠りが浅い時間が多い→物音ですぐ起きる

のだとか。

 

 

あれ?浅い眠りが多くて大丈夫なのかな?

 

大丈夫。

レム睡眠にはレム睡眠なりの役割があります!

自律神経やホルモンを整えたり。

記憶や感情の整理と定着をしたり。

睡眠学習…とか

嫌なことは寝て忘れよう…とか

そんな言葉が生まれるのも、

ちゃんとした理由があるようですね。

 

ちょっと話がそれましたが

適正睡眠時間と眠りのサイクルを少し気にかけると

お子さまの眠りの質を上げてあげられるかな、

というお話でした。

 

眠りはたいせつ。

ですね。

 

 

 

ところで・・・

今、お子さまと一緒に寝ていらっしゃいますか?

 

お子さまが一人で眠りだすタイミング、

いつにしようとお考えですか?

もしくは、いつでしたか?

 

私はもう少し先かなと思っていましたが、

小学1年生が一番多いそうです。

 

最初はご入学のタイミングで

■お勉強机と一緒にお部屋を作ったから

■親も子どももさみしいけれど…離れるいいきっかけ

 

次は、夏休みなどで

■お友達とお泊り会が開催されたり

■おじいちゃんおばあちゃんのところに一人で泊まりに行けるように

 

そんな理由が多いよう。

 


 

どんなタイミングで眠るか今はわからなくても

いずれは一人で眠る時が来ますから、

お子さまが「一人で寝よう!」と思ったら

すぐに実行に移せるように、

場所だけ準備しておいてはどうでしょう?

 

いざというときに慌てて、

お部屋に合うベッドを探したり…

ベッドを置くための場所を空けたり…

しなくてもよくて二度手間なし!ですよ。

 

 

アクタスには今、

2シリーズ、キッズベッドがありますが、

今週末、新しいシリーズがデビューします!

ちょっと素敵なコンセプト。

ちょっと面白いシリーズです。

また次回、ご紹介しますね。

 

 

 

最後にひとつ・・・ちょっとだけ予告!

 

実は・・・

2018年で

アクタス名古屋店が名駅に移転オープンして

7年が経ちました!!

image1
 

そこで、5月3日(木曜)~6日(日曜)まで、

ACTUS nagoya 7周年記念イベント

を開催したいと思います!

プレゼントとか・・・

楽しそうなこととか・・・

イロイロ考えてます。

詳しくは、またご案内しますね。

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠りのお話。

date. 2017/11/07

みなさまこんにちは。

 

11月26日、27日に開催のヒンメリワークショップに向けて、

みんなでサンプル作りをしました★    

*受付は終了いたしました

IMG_1107
1時間ちょっと、黙々と。笑

ついつい夢中になってしまいます。

 

IMG_1137
今年は、こんなカタチをつくろうかなと思っています。

基本形と星。

ワークショップについてはブログの最後でご案内しますね。

 

 

さて。

ここのところ、

お子様用、大人用問わず、

ベッドを探しに来られるお客様が多い名古屋店です。

 

というわけで今日は、

IMG_1370
眠りについて

お話してみたいと思います。

 

 

眠りは、人間にとってとっても大切な行動。

脳を休ませたり、

情報の整理をしたり、

身体の機能を修復したり。

人間の進化の過程で、

脳を休ませる為に開発された

高度な生存戦略なのです。

必要不可欠。

長時間眠らずにいると、

自分では眠っていないつもりでも、実は眠っている・・・

という、秒単位の睡眠が現れるのだとか。

 

そうそう!

「寝落ち」

したことありますか?

テレビやスマホをみながらとか、

電話で話しながら寝てしまう人も・・・

あれって、寝ちゃった。のではなくて、

正しくは「気絶」なんだそうですよ!

ビックリ。

 

 

 

さて眠りといえば・・・

「レム睡眠」

「ノンレム睡眠」

 

よく聞く言葉ですね。

 

レム睡眠は、体が休む睡眠。

脳は覚醒に近い状態の為、

夢を見たり、寝言を言ったり、

金縛りにあったりするのも(!!)このとき。

 

それに対してノンレム睡眠は、脳が休む睡眠です。

脳がしっかり休んでいる間に、

記憶・情報の整理をしたり、

体の機能を回復したりします。

免疫増強の作用もあったりするようです。

 

睡眠は、この2つをセットにして90分単位で繰り返されます。

寝入りばなの2~3時間が一番深い眠りです。

そして、繰り返すごとに徐々に浅くなり、

朝になると目覚める。というわけです。

 

ちなみに余談ですが、

レム睡眠のREMとは・・・

「Rapid Eye Movement = 急速眼球運動」

の略。

眠っている人の顔を覗き込むと、

閉じたまぶたの向こうで、眼球が動いていることありますね。

そのときはレム睡眠中なのです。

 

で、この

レム睡眠ノンレム睡眠の切り替えのときに

「寝返り」をすると言われています。

もちろん寝返りをするのはそのときだけではなく、

体重によって圧迫されて起こる、

体の部分的な痛みや血行不良を解消する為にも行われます。

だいたい、一晩で20回前後、といわれています。

 

この寝返りの回数。

多くても少なくても良くないのです。

 

寝返りには、マットレスの選び方が大きく関わってきます!

体の重さや体形によって「良い」マットレスは人それぞれ。

マットレスに寝転がってみることが大切です。

人生の約3分の1の時間、体を預けるアイテムですから、

ここはめんどくさがらずにいきましょう!

 

そして見るポイントは・・・

 

体の中で一番出ている「おしり」が、

きちんとマットレスに受け止められていること(★1)

マットレスがかたすぎると、

おしりが沈み込まず、腰が浮いてしまいます。

すると腰痛の原因にも。

腰とマットレスに余計な隙間が無いことも大切(★2)

1
 

横を向いたときももちろん!

2
ですが、

上向きと横向きとでは、おしりの出方が違うので、

寝入るとき、横向きなのか仰向けなのか・・・で、優先順位を決めましょう。

 

腰が浮いてしまうようなかたいマットレスでは、

毛細血管の圧迫によるうっ血で、寝返りが多くなります。

反対に、柔らかすぎるマットレスだと、

★1のおしりだけではなく、体全体がマットレスに埋まってしまい、

寝返りをするのに、余計な力を使って、

「よっこいしょ」。

これが一晩続くわけですから・・・疲れますよね。

 

この多すぎたり、余計なエネルギーを使ったりする「寝返り」が、

朝の「寝ても取れない疲れ」や「だるさ」の原因のひとつでもあったりします。

 

寝返り、大切です。

そんな「寝返り」に注目して作られたオススメなマットレスがあるのですが、

そのご紹介はまた次回の眠りのお話で。

 

 

そしてコレも大切。

睡眠中には成長ホルモンが分泌されています。

成長ホルモンの主な役割は二つ。

①細胞の成長促進(=寝る子は育つ)

②細胞の修復(=美人は夜 作られる)

おぉ。そうゆうことだったのか!

 

この成長ホルモンは、寝入りばなの2~3時間…

つまり一番深い睡眠のときに最も多く分泌されるよう。

スムーズな入眠も大切ですね。

 

スムーズな入眠のためには色々なコツがありますが、

眠る前に40度前後のお風呂につかり(足湯でもOK!)、

体を温めて体温を強制的に上げてみましょう。

その体温が少しずつ下がり始めるころに、

徐々に眠気がやってきます。。。zzz

 

眠くなってきたところで・・・今日も終わりにしましょうか。

最後にお知らせだけ、させてください。

 

 

 

10月末から開催してきたAWフェスティバルも残すところあと1コンテンツとなりました!

 

AW*Festival Actus nagoya

************************************************************

第1弾 【 Happy Halloween  for キッズ & パパとママ!! 】

↑↑↑終了いたしました♪

 

第2弾 【 actus nagoya coffee stand 2017 】

↑↑↑終了いたしました♪

第3弾    winter workshop  himmeli

11.26(sun) – 11.27(mon) 

first day 10:00- *受付は終了いたしました

2nd day     13:00- *受付は終了いたしました

IMG_8163 今年も開催します☆

フィンランドの装飾品 通称”光のモビール”

クリスマスシーズンに向けて

一緒に手作りしてみませんか?

ちいさなお子様もストローを使ってつくりましょう!

※参加費は無料ですが、事前のご予約が必要です

定員各回8名

メール・お電話にてご予約受付中です!

TEL:052-533-6616

MAIL:nagoya-fn@actus-interior.com

お申し込み、お待ちしております!

****************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

to TOP